精霊の守り人 1話感想と2話あらすじ 綾瀬はるかの演技が上手い!

いよいよ始まりました精霊の守り人第2シリーズ

NHKってアニメもそうですが十二国記にしかりこういったファンタジー系は意外と得意ですよね。

そんな精霊の守り人第1話の感想と第2話のあらすじを書いてみました。

今回も綾瀬はるかさんの演技というか殺陣が凄いですね。

[ad#1]

精霊の守り人の1話感想 実際は神の守り人

短槍使いバルサが主人公の物語であることには変わりがありませんが、精霊の守り人自体は前シリーズで終わっており、今回は神の守り人が原作のようですね。

感想としては俳優陣が豪華すぎないか?(笑)ということですかね。壇蜜さんのはりつけで始めるなんていうのもエロすぎですし(笑)

ただ、制作側の思い入れが伝わってくるように衣装の細部までこだわりがあるようで小説が原作のものなのにイメージが同じというのが凄いと思いました。

また、原作の話を縮めているのは仕方のないことだと思いますが、無理やり感が出ておらず楽しめました。

というかコレスーパーサラリーマン佐江内氏とかぶっていなかったらお互いもっと視聴率もでると思うんですけどね。。。
スーパーサラリーマン左江内氏 2話感想&3話あらすじ 島崎遥香、鼻整形疑惑

こればっかりは難しい調整かと思いますがやってほしいですね~

精霊の守り人,1話,感想,2話,あらすじ, 綾瀬はるか,演技
 

精霊の守り人2話のあらすじ 守り人と旅人がどう交わるのか?

本来であれば天と地の守り人まで交わることがないバルサ=綾瀬はるか=守り人シリーズとチャグム=板垣 瑞生=旅人シリーズがどう交わってくるのかが見どころですかね。
※天と地の守り人も話の中に入っているそうですが主体は神の守り人のようですので。

第2話「罠」では鬼神タルハマヤを宿している鈴木梨央ちゃんをどう綾瀬はるかさんが守っていくのか?

また、今回は板垣 瑞生さんが主体のシリーズの蒼路の旅人も交わってくるようなので話がしっちゃかめっちゃかになりそうで怖いですがどんな感じで納めるのか見てみたいですね。

[ad#1]

綾瀬はるかの演技(殺陣)が凄い!というかバルサが板についてきた

前作の精霊の守り人から続いて主役バルサを演じる綾瀬はるかさん。

本人は天然系で可愛い感じでですが今回のバルサ役では八重の桜しかりでかっこいい綾瀬はるかさんが見られます。

といった感じでやはり綾瀬はるかさんは意外とアクションなども得意ないようで好評ですね。

まぁ、可愛い系で2016年暮れには同じ年代のガッキーがブレイクして、小悪魔系で石原さとみさんがブレイクしております。また、長澤まさみさんはどちらかというと最近はセクシー路線に変更しているような気がしますので、綾瀬はるかさん的にはそのどの路線でもないアクション路線に活路を見いただいているかもしれませんね。

可愛い系でも十分行けると思うんですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください