カルテット 1話感想&2話あらすじ 松田龍平は楽器を弾けるの?

      2017/01/21


さて始まりましたTBSの火曜日のドラマ「カルテット」。

ただ、今回TBSはキムタク主演の「A LIFE 愛しき人」に力を入れている感じがしてほかのドラマはあまり番宣などがされていない印象があります。

その中で始まったカルテット第1話の感想や第2話のあらすじを書いてみました。

また、本当に主人公の4人が楽器を弾けるのか調べてみました。エンディングで4人が椎名林檎さんの曲を歌うのはいいアイデアだと思います。

 

Sponsored Link

 
ちなみに前の時間帯にある草彅剛さん主演の嘘の戦争も面白いですよ~
嘘の戦争 2話感想と3話あらすじ ネタバレ草彅剛のキスシーンあり
 

カルテット1話の感想。逃げ恥の後枠がスタート

カルテットの主題歌は椎名林檎さんが作詞作曲をされておりそれをカルテットの4人(松たか子・満島ひかり・高橋一生・松田龍平)が歌うところなんかが良かったです。

内容は前枠ドラマの逃げ恥からガラッと路線が変わって話が落ち着いた流れのドラマになっておりますね。面白いっす。

カルテットを組んで演奏をする4人がはじめ偶然カラオケボックスで会うという設定でしたが、本当は松たか子さん以外は偶然ではなく偶然を装っていたという事実。

満島ひかりさんが松たか子の義理の母親からの依頼で、それ以外の2人高橋一生・松田龍平も何かしらの理由があって近づいたようです。これは今後明らかになっていくんだと思います。

少し謎を忍ばせつつ展開されていくストーリーでした。1話目のゲスト出演となったイッセー尾形さん演じる余命9か月という嘘をついているピアニストから演奏する場を奪うカルテット

そのことに対しての後ろめたさで話も展開していったドラマに人間模様も求める人であれば面白いと思います。

カルテット,1話,感想,2話,あらすじ,4人,楽器,弾ける
 

カルテット2話のあらすじを書いてみました

松たか子の夫の真相はおそらく牛歩のごとく徐々に明らかになっていくと思うのですが、それに伴って義理の母親の鏡子(もたいまさこ)さんの暗躍が面白そうです。

また、カルテットカルテットで大人の恋愛模様を描いていく感じですね。松田龍平さんの同僚への想いについてみんなでがやがや言ってみたり、その松田龍平さんを好きなんじゃないかと満島ひかりさんは疑いをかけられてみたりとか、30代の大人であるからこそなかなか奥歯にものが挟まっている感じがしますが、もっとスパッと割り切って考えるにもいいとは思うんですけどね~

カルテットの売り文句が甘くて苦いラブストーリーとヒューマンサスペンスなのでその名に恥じない展開にはなっております(笑)

Sponsored Link

松たか子・満島ひかり・高橋一生・松田龍平って実際に楽器を弾けるの?

ドラマの中では弾いている感じになっていますが実際に松たか子さん・満島ひかりさん・高橋一生さん・松田龍平さんの4人は楽器を弾けるのでしょうか

ちなみに松たか子さんがバイオリン・満島ひかりさんはチェロ・高橋一生さんはヴィオラ・松田龍平さんもバイオリンとなっております。

ヴィオラとバイオリンの違いは弾き方や形はほぼ一緒といっていいですが大きさがヴィオラのほうが大きくそのため出せる音域が低くなっております。

4人ともバイオリンやチェロやヴィオラを引くのは初めてのようです。

ただ、難しい曲はわかりませんがドラマのエピソードとかを見ていると実際4人とも練習して引いているようですね。

まぁ、松たか子さんはピアノをできたと思いますし、高橋一生さんもギターが弾けたと思います。満島ひかりさんは楽器のイメージはないですが歌をやっていられたので大丈夫だと思いますが、特技や趣味がサッカー・エアガンの松田龍平さんが一番苦労するかもしれませんね。

特に指の神経なんて子供のころから使っていないと退化してバイオリンしかりですがギターやピアノも弾けなかったりしますので猛練習しているんだと思います。

自分もギターをやろうとして全然弾けなくて、聴く専門になりましたが(笑)

そんな練習の成果も見れるドラマカルテット。今後が楽しみですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - テレビ番組 , , , , , , , ,