新元号って誰がどうやって決めるのか 由来(理由)などはあるのか?

   


元号平成から変わるかもと言われておりますね。

皆さん予想されておりますが平成のときもいろいろ漏れてきたので決めるときはまたやんややんや言われるのでしょうね。

と、気になるのはその元号ってどうやって決めるのかや、そうなる決め方というか由来理由はあるのでしょうか?

Sponsored Link

新元号って誰が決めるの?その決め方は

2016年には今上天皇が生前退位をするとかしないとかいろいろ話題になりましたね。

2017年にはいって譲位を今上天皇が行って、その後元号を変更するとかしないとかそういったことも法案を通さないといけないので法案を出す準備に入ったということで騒がれておりますよね。

で、気になるのが新元号って何か?ですがこれはなかなか予想しても難しいと思いますので、「誰が」新元号を決めるのか?その決め方は?というところを調べてみました。

流れとしては総理大臣が変更するぞ~となったら総理大臣が決めるのではなく学者などの有識者に候補を考えてもらう。

その後、総務長官が整理して総理大臣にこんなでましたが。と報告。そこから政府内(官房長官など)に候補がもっていかれあーでもないこーでもないと話されます。

である程度話がまとまったら閣議で協議して、衆参両院の正副議長の意見も聞いて、最終的には閣議決定で元号が決まるようです。

なので誰がは閣僚が決めて、決め方はみんなで話し合いということですね。

この場合、その方の発言力や政治力がものを言ってきそうな気もしますが。で、誰が発案した元号なのかは基本は発表はされないようですね。ただ、周りの閣僚とかから漏れてはくるので大体は予想がつくそうです。

まとめるとこんな感じです。

1.漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が元となる候補を考案する
2.内閣官房長官がその中から選定する
3.閣議で選定された候補を元に協議する
4.衆参両院議長の意見も聞く
5.最終的に閣議で決定

 

もしかして安倍首相は、この元号を変えるということを知っていて(自分がその時の首相として名を残すということに目がくらんで)、2017年度内に解散することはないといったのでしょうかね?(笑)

 

新元号,誰,どうやって,決める,由来,理由,
 

元号の由来はあるのか?そうつけた理由は

元号を選ぶ際に注意される点としては

「年号の歴史」(1996年雄山館発行)によると、元号の選定条件は、
(1)国民の理想としてふさわしいような、よい意味を持つものであること。
(2)漢字2文字であること。
(3)書きやすいこと。
(4)読みやすいこと。
(5)これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと。
(6)俗用されているものでないこと。

です。

平成の由来は

『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで「内外、天地とも平和が達成される」という意味

ちなみに平成のときは「平成・修文・正化」の3つが最後まで候補として残っていたそうです。

昭和の由来は

四書五経の一つ書経尭典の「百姓昭明、協和萬邦」による。漢学者・吉田増蔵の考案。なお、江戸時代にまったく同じ出典で、明和の元号が制定されている(「百姓昭明、協和萬邦」)。国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う意味である。

大正の由来は

「大正」の由来は『易経』彖伝・臨卦の「大亨以正、天之道也」(大いに亨(とほ)りて以て正しきは、天の道なり)から。「大正」は過去に4回候補に上がったが、5回目で採用された。

明治の由来は

『易経』の「聖人南面而聴天下、嚮明而治」より。
「聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)ひて治む」というこの言葉は、過去の改元の際に江戸時代だけで8回、計10回候補として勘案されているが、通算にして11度目にして採用された。

 

過去の元号は今まで案として出てきたものを使用してこともあったようですが、平成の次はおそらく新しく考えられるものだと思います。

というようになんとなく決めているわけではなく古典から出典されていることが多いようです。なので予想するときもそういったところを見るといいかもしれませんね。

Sponsored Link

新元号の予想はできるのか?

おそらくできると思いますが古典を熟知している人じゃないとできないという条件つきになると思います。

また、「明治(M)」「大正(T)」「昭和(S)」「平成(H)」というようにアルファベット1文字もかぶらないようにしないといけないので結構むつかしいかもしれませんね。

ということも考えるとネットではいろいろ予想(多いのが「安始」)されていますが、おそらく外れるでしょうね(笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 未分類 , , , , ,