雛人形 2018年はいつ飾る?いつ仕舞う?おすすめの日にちを紹介

   


雛人形とは3月3日の“桃の節句”に女の子が健やかに育つよう願う古くから伝わる風習に用いるものですが、年末のクリスマスから始まって、お正月、節分とイベントが乱立するため、いつから飾っていいのか、またいつしまえばいいのかよく分からないということはないでしょうか。

ここではそれらをわかりやすく説明していきたいと思います。

特にその年によって飾るベストな日があるようです。では2018年雛人形飾るのにおすすめ日にち&仕舞うのにおすすめな日にちいつでしょうか?

 

 
Sponsored Link
 

雛人形2018年はいつ飾る?おすすめの日にちを紹介

 

雛人形飾る時期ですが、一般的には立春以降が良いとされています。

2018年の立春は“2月4日(日)”となっていますので、2月4日(日)~3月3日(土)の当日までに飾ればよいのですが雛段飾りなど大きいものは出すのも一苦労なので、直前になって慌てることが無いよう、また華やかな雛人形が少しでも長く愛でられるよう2月の中旬には出しておきたいですね。

“桃の節句”はおめでたい行事であることから、さらに縁起を担ぐのであれば上記の日程の中から“大安”の日を選んで飾るのもいいかもしれません。“雨水の日”(2018年は2月19日(月)~3月6日(火))に飾ると良縁に恵まれるという話もあるようですし期間も長いので、この日程を選ぶのも良いかもしれませんね。

上記の通り雛人形を飾る日程に明確な決まりはないのですが、地域によっては風習があるところもあるようなので、お住まいの地域にそういった風習があるようでしたら“郷に入っては郷に従う”感じが一番良いのではないでしょうか。

(新暦で考えて4月3日に祝う地域もあるようです。)

雛人形,2018年,いつ,飾る,仕舞う,おすすめ,日にち,紹介
 

雛人形2018年はいつ仕舞う?おすすめの日にちを紹介

 

では、雛人形をしまうのは2018年いつがいいのでしょうか。

一般的には3月3日の桃の節句を過ぎた啓蟄(けいちつ)の日が良いとされています。

ちなみに2018年の啓蟄の日は3月6日(火)ですが、やはり出す時期と同様地域の風習に合わせていただくのが良いでしょう。

いずれにしても、桃の節句のお祝いを終えたら早めに片付けるのが良いとされています。

その理由は“雛飾りを飾る意味”に由来しています。

意味①厄払い

雛人形には人の厄を人形に移し、流すことで女の子の厄を払う意味があることから“厄を移した人形を長く飾ることは災いが残り良くない”という考えから、役目を終えた雛人形は早めに片づけましょうという考えが生まれたとされています。

意味②結婚の象徴

雛飾りは見ていただければ分かるように、お内裏様とお雛様の結婚の儀の場面を表しています。

そんな雛人形を結婚の象徴として考え、“桃の節句が終わり役目を終えた雛人形を早くしまえば、娘が早く嫁に行く(早く片付く)”といった考え方もあるようです。

意味②は多少強引ではありますが、私自身幼少期に祖母と母がそんな話をしていた記憶がありますので意外と大衆的な考え方なのかもしれません。これを聞くと娘がかわいくて仕方ないお父さんたちは出来るだけ長くしまわないでくれと思われるかもしれませんね…。

 
Sponsored Link
 

雛人形2018年の新作はいつ発売?

 

さて、ここまで雛人形飾る時期しまう時期について書いてきましたが大切な娘さんやお孫さんにこれから雛人形を買ってあげるという方に2018年の新作雛人形発売時期についてもお話ししたいと思います。

雛人形の新作発売時期は毎年12月下旬から徐々に始まり、お正月の三が日が終わったあたりからピークを迎えます。
2018年新作!雛人形 ケース飾り コンパクト【M】ひな人形 親王・三人官女飾り 円形アクリルケース

雛人形によっては大量生産が難しい物もあり、こだわりのある人気の雛人形はすぐに売り切れてしまうとのことですので、形式的にではなく娘や孫に良いものを!と思われる方は早めに探されるのがいいと思いますよ。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしていただいて大切な方の晴れの日をより良い日にしてあげてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 季節もの, 話題 , , , , , , ,