インフルエンザの初期症状はA型とB型で違うの?【2017年】

   


寒い季節になると毎年世界規模で流行するのが「インフルエンザ」ですよね。2017年~2018年も確実に流行すると思われます。
インフルエンザにはA型B型が存在しており、特徴初期症状が異なります

インフルエンザにはC型もありますがあまりかかるいらっしゃませんので今回は割愛させていただきます。

では、インフルエンザにはA型B型ではどちらがより強い感染力を持っているのでしょうか?この記事ではインフルエンザにはA型B型の違いや初期症状についてご紹介していきます。

 
Sponsored Link
 

インフルエンザの初期症状はA型は?

 

インフルエンザA型感染力が高く、流行性も高いウイルスと言われています。

世間一般に「インフルエンザ」と呼ばれているのが、このA型になります。

インフルエンザA型に感染した場合、下記のような初期症状が表われます。

・高熱(40度前後)
・嘔吐、下痢
・寒気、全身の震え
・全身の関節痛

上記症状が表われた場合、インフルエンザA型に感染している疑いがある為、すぐに病院で診てもらいましょう。

この時に注意すべき点は「絶対に自己判断しないこと」です。

インフルエンザに感染しているかどうかは、病院で検査しないと分かりません。ただし、あまりにも受診が早い場合は判断できない時もあります。

そのため、自己判断で風邪薬や解熱剤を服用するのはやめましょう。インフルエンザに対して効果が期待できる(症状を悪化させない)薬は抗ウイルス薬のタミフルやリレンザといった「抗ウイルス薬」だけです。

また、お子さんですとインフルエンザにかかった状態でエテンザミドなどの解熱鎮痛剤(アセトアミノフェンなど安全な解熱鎮痛剤もありますのですべての解熱鎮痛剤が危険というわけではありません)を服用するとインフルエンザ脳症などになることもあるので注意が必要です。

それ以外の薬では症状の改善はできてもインフルエンザの抑制は期待は出来ないでしょう。

そのため、インフルエンザA型の初期症状が表われた場合には、すぐに病院で診察してもらいましょう。

このすぐというのもインフルエンザの感染が疑われて48時間以内が大切です。

これは48時間以内であれば抗ウイルス薬を服用すればウイルスの増殖が抑えられ、症状が重くなりません。

48時間以上経っているとある程度ウイルスの増殖は進んでおりますので、対処療法が基本となります。

ちなみにインフルエンザA型流行時期は12月~2月が多いようです。

インフルエンザ,初期,症状,A型,B型,違う,2017
 

インフルエンザの初期症状はB型は?

 

インフルエンザB型に感染した場合、下記症状が表われます。

・微熱
・胃痛、腹痛
・気管支炎
・嘔吐、下痢
・だるさ

上記症状が発症した場合には、インフルエンザB型に感染している可能性があります。

しかし、インフルエンザB型A型と違い高熱になりにくい為、初期症状だけで判断するのが難しいです。

またインフルエンザB型に感染すると、下痢や嘔吐など消化器への症状が表われます。

そのため、インフルエンザではなくノロウイルスなど別の病気と間違えてしまう事もあります。

胃痛や腹痛などの症状が発症した場合には、自己判断せずにすぐに病院で受診しましょう。

ちなみにインフルエンザB型も抗ウイルス薬は効果があります。

また、インフルエンザB型流行の時期は2月~3月となっておりますが、どちらかというと全体的にだらだらと流行が続いていて、インフルエンザA型のピークが終わり収束していくときにインフルエンザB型はまだまだ頑張っているのピークが3月ごろと思われているようです。

 
Sponsored Link
 

インフルエンザのA型とB型の初期症状の違いは?2017年

 

インフルエンザA型インフルエンザB型初期症状違いは、体温です。

A型初期症状では40度近い高熱が出るのに対し、B型初期症状ではほとんど熱が出ません。

また、感染力も大きく異なります。一般的に感染力が強いのはA型と言われており、世界規模で感染するほど強い感染力を持ち合わせています。

B型にも強い感染力がありますが、A型ほどではありません。

その理由はウイルスの種類が異なるからです。インフルエンザB型には2種類のウイルスが存在しますが、A型には144種類ものウイルスが存在しています。

この圧倒的なウイルスの差が、感染力に影響しているのです。さらにインフルエンザA型は、毎年ウイルスが変異するという特徴があります。

ウイルスが変異することで、体内に作られる免疫では防げなくなるわけです。

例えば、1年前にインフルエンザA型に感染した人でも、翌年にまた感染することも十分に有り得ます。

これはウイルスが変異する事によって、1年前に体内で作られた免疫では防げなくなるからです。

よく「新型インフルエンザ」と言われているのが、このA型にあたります。

インフルエンザは一度感染してしまうと、完治するまでに1週間以上かかる場合もあります。

そのため、インフルエンザにかからない為にも、うがいや手洗いは頻繁に行うようにしましょう。

またインフルエンザの予防接種もおすすめいたします。
インフルエンザ予防接種にベストな時期はいつ?乳幼児や受験生は?

また、外出する場合にはマスクも必需品です。インフルエンザは寒い季節(空気が乾燥してくると)になると毎年流行します。

インフルエンザに感染して苦しい思いをしない為にも、普段から衛生面などに気を配るようにしましょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - ヘルス, 季節もの , , , , , ,