関門海峡花火大会2017 駐車場や渋滞予測(高速道路含む)など紹介

      2017/07/07


関門海峡は九州の玄関口の門司と山口県の下関を挟んだ海峡です。

門司区は九州の拠点の鹿児島本線の起点の駅で、下関に近い所にレトロ地区があります。

あとバナナのたたき売り発祥の場所です。下関市は中国地方を代表するフク(フグ)で有名な所で、海響館というイルカのショーで有名な水族館があります。

海峡といっても近くて、行き来をするのも数分の橋を渡ったらすぐに着く、そんな環境からか門司と下関とは共同で観光を推進しているそうです。

そんな土地柄の所で2017年関門海峡花火大会が開催されます。この花火大会は豪華絢爛で、近県からも楽しみに行かれる方もいらっしゃるそうです。

そのため関門海峡花火大会駐車場渋滞予測(高速道路を含む)などを紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

2017年関門海峡花火大会の日程は?

 

まず、2017年関門海峡花火大会の日程等をご紹介します。

2017年8月13日(日)
会場は門司会場:門司港西海岸埋立地
下関会場:あるかぽーと地区および22号岸壁周辺

時間は午後7時50分~午後8時40分  雨天決行(荒天の場合は中止)

有料席が用意されているそうです

まずは門司区側から

・桟敷席
2~5列目(5名まで座れます) 12000円
6列目 (8名まで座れます) 18000円

・いす席 3000円(7月21日以降は3500円)
※どの席も残りが少なくなっているそうです。お早めに!

・ 環境整備協力席 環境整備協力席に協賛されると利用できる席だそうです。
中学生以上1名 1000円 小学生以下は保護者同伴で無料
当日午後3時から販売(敷物を準備された方が良いそうです)

次に下関市側

あるかぽーと会場 Sエリア2000円 Aエリア 1500円 一般エリア 1000円

22号岸壁エリア 前方エリア2000円 一般エリア 1000円

カモンワーフ会場&唐戸市会場 500円
(一般エリアは当日発売だそうです)

関門海峡花火大会は門司区と下関市の両岸から海峡を挟んだ両岸から打ち上げられる花火大会で30年くらい前から関門地区の合同で行われている花火大会だそうです。

両岸からそれぞれ7500発、計15000発の花火が次々と上がる光景は、まるで競い合いながら上がっている様に見えて、ダイナミック!

 

下関側からは大玉打ち上げ花火や水中花火、門司側からは尺玉100発や音楽花火が見どころになっているそう。少し離れた山の上からは夜景、ライトアップされた関門海峡、メインの花火が楽しめる所が人気になっているそうです。穴場スポットで、あの巌流島がおススメされていました。どちらの会場からも船が出ているそうです。

花火会場へはJRを使っていっても近い所です。門司駅からは徒歩5分位、下関駅から徒歩15分位です。近県の方も多く来られる大会なので、駐車場があるかな?と調べてみました。

 

関門海峡,花火大会,2017,駐車場,渋滞,予測,高速道路
 

関門海峡花火大会2017年の交通規制や駐車場は?

 

当日はやはり、交通規制があるそうです。門司区は午後5時から午前0時まで、下関中心部は午後4時から10時半まであるそうです。午前中に交通規制区域に入ってしまうと、出庫をする時、規制が解除されるまで待たないといけないので、すぐ近くは諦めてみませんか?

少し離れますが無料駐車場をご紹介したいと思います。

<門司区側>
・和布刈公園 山頂にある公園です。両方の花火をキレイに見られそうです。
・ノーフォーク広場駐車場 やまぎんレトロラインのノーフォーク広場駅の近く。

<下関市側>
・シーモール下関駐車場 JR下関駅から近くて停められる数も多いです。
・下関競艇場駐車場 JR長府駅の近くにあります。会場までは電車で行かれることになります。会場が午後5時から午前0時まで利用できます。

有料の所として、海響館駐車場、カモンワーフ、唐戸市場があります。

下関競艇上場駐車場以外は、人気があるので出来るだけ早く、出来たら午前中に駐車される事をおススメします。

あと、門司区の場合は、小倉駅近辺に有料駐車場があるので小倉駅近辺に停めてJRを利用して会場に行く手段もいかがでしょうか。快速をつかえば、10分もかからないようです。

Sponsored Link

関門海峡花火2017年の渋滞予測(高速道路含む)は?

もしかして、関門海峡花火大会を見に高速道路を使って行かれる方もいらっしゃる?と思いました。

この時期の高速道路、はっきり言って渋滞必至です。

開催日がお盆休み中ですし、日頃からも交通量が多い所なので渋滞予測としては早い所では午後0時頃から渋滞が始まるそうです。

午前中に目的地に着くようにした方が渋滞にかかりにくいそうです。

高速道路にある「めかりP・A」と「壇ノ浦P・A」とても人気があるスポットだそうなので、こちらも早めに行かれることをおススメします。入場規制がかかるかもしれません。

また、下関インターを中心に高速道路の本線の渋滞も予されているとか…

せっかく、高速道路を使ってと計画をされている方に申し訳ない情報ばかりですが、早めの行動をしていただければ、大丈夫かと思いますので、ちょっと頭の片隅に…

一つ提案なのですが

関門海峡花火大会を見に行くツアーも、あるそうです。

帰りは渋滞にかかってしまうかもしれませんが、駐車場の心配とかをせずに、ゆっくりできると思います。選択肢の一つに考えても良いかも知れません。

2017年はどんな花火が上がるのでしょうか?楽しみですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

 - 季節もの, 旅行 , , , , , ,