魔女の宅急便CMの声優やキャラクターデザインは誰?原作も続きはある

      2017/06/20


魔女の宅急便のアナザーストーリーが話題になっておりますよね。

というか現代風にアレンジした魔女の宅急便のその後。17歳になったキキがトンボに青春のお届け物です。

って感じですかね?続きが気になります(笑)

というかこの魔女の宅急便のCM声優ですかね?違くないですか?あとこのキャラクターデザインいい!

が担当したんでしょうか?アニメは新海誠さんちっくな感じですね。そうそう、そういえば原作にも続きがあるって知っていましたか?

後ろに流れているバンプの「記念撮影もいいですね!

Sponsored Link

魔女の宅急便のCMの声優は誰?キキもトンボも違う?

魔女の宅急便CMが今世間をざわざわさせております。

そのCMがこちら

 

ちなみに予告編もございまして、

 

そう、綾波レイ!!!キター

という感じですよね。いや~30代から40代の人にとっては青春ですよ。エヴァンゲリオンの綾波レイこと林原めぐみさんがナレーションをしていただいております。

で、最初の魔女の宅急便CMですが声優違う気がしますよね。というか違いますよね!

どなたが声優をしているのか調べてみました。

ちなみにジブリの魔女の宅急便では、

キキ→高山みなみさん
トンボ→佐久間レイ

さんとなっております。

で、この魔女の宅急便のCMでは

キキ→浜辺美波
トンボ→梶 裕貴

となっております。

キキ
横浜に愛猫のジジと住む、17才。

とんぼとは同じ高校に通っている。

空を飛ぶ魔法が使える。

赤いリボンがチャームポイント。

遅刻しそうな日はこっそり箒で通学。

パン屋さんで週3、配達のアルバイト。性格は明るくておてんばだが、恋のことになると臆病になってしまう。

とんぼに、淡い恋心を抱いている。

キャスト 浜辺 美波

2000年石川県生まれ、東宝芸能所属。

第7回「東宝シンデレラ」オーディションニュージェネレーション賞受賞。

主な出演作品はドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のめんま役、「咲-Saki-」の宮永咲役など。

2017年は映画「君の膵臓をたべたい」「亜人」が公開予定。

 


2000年生まれということは魔女の宅急便のCMの中のキキと同じ年齢ってことですね。

そこまで狙ってんのかな?(笑)

透明感があっていいんですが少しお転婆感がなくなって残念でした。。。

 

トンボ

高校ではドローン部の部長を務めている。

少年の心のまま大きくなったような青年で、夏に控えるドローン部の発表会と「浜辺で、若者ワイワイ」というお祭りのことで頭がいっぱい。

キキの恋心にも、まったく気づいていない。

キャスト 梶 裕貴

1985年東京生まれ、ヴィムス所属。

主な出演作品にはアニメ「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役をはじめ、「妖怪ウォッチ」のフユニャン役、「アオハライド」の馬渕洸役など。

アニメだけでなくゲームや吹き替えなど幅広く活躍する実力派人気声優。

こちらは声優さんをしっかり使っておりますね。

 


で、CMの曲はもう声を聞いただけでわかりますがバンプですよ、そうBUMP OF CHICKEN。

曲名は「記念撮影」です。

 

魔女の宅急便,CM,声優,キャラクター,デザイン,誰,原作,続き
 

魔女の宅急便CMのキャラクターデザイン&イラストは誰?

魔女の宅急便CMですがアニメーションが綺麗ですよね。

あと、キャラクターデザインというかイラストも可愛かったです。

まぁ、ジブリではないのでジブリな感じはしませんでしたが。。。。(笑)

で、アニメーションを見ると新海誠さんが作ったんじゃないか?と思えるぐらいアニメが綺麗でしたね。

あのトンボに落ちる木漏れ日とか新海誠さんがこだわりそうなところだと思っちゃいました。

ですが、そうじゃないようですね。

スタッフ一覧を見てみると

原作:「魔女の宅急便」角野栄子
広告会社:株式会社電通
制作会社:ギークピクチュアズ
アニメーション制作会社:タツノコプロ
ECD:木下一郎/斎藤和典
クリエーティブディレクター・企画・コピー:佐藤雄介
アートディレクター・企画:瀬尾大
コピーライター:佐藤舞葉
CP:福島隆雄
AE:川上宗一/蕪木真哉/傍島篤夫/増崎知世
キャラクターデザイン:窪之内英策
監督:柳沢翔
原画・作画監督:高橋 裕一
演出:曽我 準
美術監督:竹田悠介
色彩設計:永井留美子
撮影監督:山田和弘
撮影監督補佐:田中直子
3DCG:鈴木知美
動画検査:金子由紀江
プロデューサー:大松裕
制作:松永まり恵
制作協力:モギシンゴ
キャスティング:ハンディ/電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
音楽制作会社:トイズファクトリー
ナレーション:浜辺美波(キキ役)/梶裕貴(とんぼ役)

という感じで新海誠さんが作ったんではありませんね。ただ、新海誠さんのアニメへのオマージュかもしれません。

また、キャラクターデザイン&イラストですが「窪之内英策」さんが担当されております。

窪之内英策さんといえばその作品は

1966年11月11日(50歳)
日本・高知県
職業 漫画家、アーティスト
活動期間 1986年 -

連載作品
ツルモク独身寮(1988年 - 1991年、ビッグコミックスピリッツ、全11巻、1991年に映画化)
ワタナベ(1992年、ビッグコミックスピリッツ、全3巻、1993年KTV系でドラマ化、監督は黒沢清)
ショコラ(1999年 - 2003年、ビッグコミックスピリッツ、不定期連載、全7巻、2003年MBS系でドラマ化)
チェリー(2006年 - 2007年、ビッグコミックスピリッツ、全4巻)
ピカもん(2008年 - 2010年、イブニング、全3巻)

引用:wikipedia

となっております。ちなみにこの窪之内英策さんの綺麗な絵が集められたイラスト集もありますね。
【送料無料】 ラクガキノート 窪之内英策作品集 / 窪之内英策 【本】

ただ、絵が綺麗な人が漫画が面白いか?というと別な話なのが漫画の世界ではあります。

Sponsored Link

魔女の宅急便CMの続き以外に原作にも続きはあるよ!

皆さん知っているかどうかわかりませんが原作の話をすこしさせていただきます。

魔女の宅急便のイメージはジブリの映画までだと思っておりませんか?

実はこの魔女の宅急便CMのように大人になったキキの姿を描いている続き原作にもあるって知っていましたか?

私は知りませんでしたよ(笑)

魔女の宅急便は絵本としては6巻シリーズとなっております。

で、ジブリが描いた魔女の宅急便は1~2巻まで。ちなみに今回の魔女の宅急便のCMは話の中にはありません。

4巻ではCMと同じ17歳のキキが描かれております。

で、5巻では20代のキキが、トンボとサヤオといわれる人気のドレスデザイナーとの間で揺れ動く恋心(笑)

最後にキキはやはりトンボが好きってことに気づき、22歳で結婚します。

で、6巻ではキキに双子の赤ちゃんが生まれ、その子供の成長を描いております。

要するに少女が大人になってお母さんになっていくという物語になります。

血がつながれていくというおはなしでしょうかね。

青春とは違った感じのおはなしになりますが興味をもがれた方は一度読んでみてください!
魔女の宅急便(全6冊) (福音館文庫) [ 角野栄子 ]

いや~青春っていいですよね~

ただ、キキがトンボに告白した場所ってどっか鉄塔とかの上じゃないですか?

あれ断ったら一人取り残されるということはないですよね?断ることはしないとはお思いますが。。。。

キキも確信犯ですね~~~(笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 話題, CM , , , , , , ,