2017年梅雨入り・明けは予想ではいつ?福岡や九州を中心に解説

   


いよいよ梅雨の季節がやってきました。すでに、沖縄から順に、梅雨入りが宣言されています。

九州地方(福岡)も梅雨入り宣言がされました。2017年梅雨の傾向と共に、梅雨明けはいつ頃になるか、まとめてみたいと思います。

 

Sponsored Link

2017年福岡・九州の梅雨入りの予想と実際は?

 

九州地方は、縦に長い地形であり、九州北部と九州南部に分けて、梅雨入りや梅雨明けの予想がたてられます。

年によっては、九州北部も九州南部も同じ時期に梅雨入りしたり、梅雨明けをする場合もあれば、昨年のように、九州南部が5月24日頃に梅雨入りしたのに、九州北部の梅雨入りは、6月4日頃と、結構差があったりする年もあります。

今年は、6月は梅雨前線が南の方に停滞すると予想されていて、北上するのがそれほど早くないと考えられ、梅雨入りは平年より少し遅いと予想されていました。実際に、九州南部と九州北部の梅雨入りは、6月6日頃で、平年に比べると、九州南部は6日遅く、九州北部では1日遅くなりました

 

2017,梅雨,入り,明け,予想,いつ,福岡,九州
 

2017年福岡・九州の梅雨明けはいつ?

 

それでは、福岡・九州(北部)梅雨明けは、いつ頃になるでしょうか。平年は、7月中旬頃です。昨年は、平年より1日早く、18日頃の梅雨明けでした。

今年は、気象庁から梅雨入り梅雨明けに関しては平年より少し遅め、という発表がされており、それを基に考えると、7月中旬頃、だいたい20日前後と考えることができます。

夏休み前って感じですね。

梅雨入りからおよそ1か月と2週間。ジメジメした時期が続くと考えます。

Sponsored Link

2017年の福岡・九州の梅雨の傾向と気を付けたいこと!

 

梅雨入りはしましたが、6月中は、まだ、梅雨前線が比較的南の方に停滞して、福岡・九州(北部)には、それほど多くの影響を与えることはなさそうで、梅雨の合間の晴れ間の日も見られます。

7月に入る頃になると、梅雨前線が北上して、本州付近に停滞するようになり、福岡・九州(北部)にも、影響を与えるようになります。高気圧が日本の南東の海上でやや強く発達するので、北上した梅雨前線に向かって、本州付近へ暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。

そのため、の湿った空気に刺激された梅雨前線の活動が活発になり、平年に比べると、曇りの日や、雨の日が多くなりそうです。また、雨量も、湿った空気が流れ込んでくることで、平年より多めになる傾向です。特に西日本はこの影響を強く受ける予想です。

ただ、この高気圧の活動がさらに活発になることで、徐々に梅雨前線を北に押し上げてくれ、梅雨明けとなるので、高気圧の活動も見守っていく必要があります。

このように、南東海上の高気圧が活発になり、梅雨前線を刺激すると、梅雨前線の活動が活発になり、雨の量が多くなるのが一般的です。福岡・九州(北部)も、当然その活動の影響を受け、2017年の梅雨時期は、雨量が平年より多くなります。特に雨量のピークをむかえるのが6月下旬から7月上旬と考えられます。この時期には、河川の増水、浸水には注意が必要です。

また、集中豪雨的な雨でなくても、毎日それなりの雨量があると、地面にはそれなりの水分がキープされます。そのため、地盤が緩くなり、土砂災害にも気を付けなければなりません。自然現象の梅雨による自然災害には、敏感になる必要があるといえるでしょう。

本格的に梅雨入りすると、本当に毎日ジメジメと鬱陶しい日が続きます。気分的にも少しどよんとした感じになりますね。しかし、雨も私たちの生活には必要なものには違いありません。天気予報などをしっかりチェックして、鬱陶しい日々ではありますが、雨とも上手に付き合っていけるといいですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 季節もの, 自然 , , , , , , ,