2017年梅雨入り・明けは予想ではいつ?東京や関東を中心に解説

   


ついこの間、暖かくなってきて、いい気候になってきたと思ったら、一気に夏のような気候になりました。

このまま、真夏がやってくるのかと勘違いしてしまいそうですが、忘れることなく、あのジメジメした季節の梅雨はやってきます。

2017年関東(東京)梅雨はいつ梅雨入りして、いつ梅雨明けするのでしょうか?予想を見てみましょう。

 

Sponsored Link

【予想】2017年の梅雨入り&明けの傾向は?

まずは軽く全国の2017年の梅雨入り梅雨明けについてです。

ウェザーニューズが発表したところによると、2017年の梅雨入りは、全国的に平年並みといわれています。

そして、梅雨明けは、西日本が平年より遅くなる見込みだそうです。

また、雨量に関しては、西日本が例年より多くなる見込みで、特に、九州地方北部と四国地方では、6月下旬から7月上旬にかけて、雨量が多くなりそうなので、土砂災害などの警戒が必要となる可能性があります。

東日本では、平年並みかそれより少し多めの雨量になると予想されています。

【梅雨入り梅雨明け予想について】

梅雨入りについては、「曇り、又は雨が1週間以上続くと予想された時」に梅雨入りが発表されます。また、梅雨明けについては、「晴れが1週間以上続くと予想された時」や「梅雨前線が北上したり、南下したり、消滅したりする、どれかににより、その地域に戻ってこないと判断された時」に発表になります。

2017,梅雨,入り,明け,予想,いつ,東京,関東
 

2017年東京・関東の梅雨入りの予想はいつ?雨量は?

そんな予想の中で、ピンポイントで、東京・関東地方の梅雨入りいつになるのでしょうか。

今のところ、東京・関東地方の梅雨入りは平年並みの予想で、6月上旬頃です。順調に梅雨前線が北上してきて、梅雨の時期がやってきます。

昨年は6月5日頃に梅雨入りしました。これは平年より3日早く、前年よりも1日遅いものでした。今年も平年並みということで、6月8日前後の梅雨入り予想になります。

雨量に関しては、ピークを迎えるのは6月下旬頃です。この時期に、梅雨前線が東日本の南方の海に停滞するためです。暖かく湿った空気が影響して、前線活動が活発化するため、雨量が増えます。地域によっては、河川の増水、それによる家屋への浸水、そして、土砂災害に注意が必要になるところも出てくるようです。7月に入ってからは、平年並みの雨量になります。上旬には「梅雨の晴れ間」の時期もあるようです。

Sponsored Link

2017年東京・関東の梅雨明けの予想はいつ?

 

それでは東京・関東地方梅雨明けいつになるでしょうか。

昨年の東京・関東地方の梅雨明けは、7月29日頃でした。これは、前年よりも19日も遅いもので、平年に比べても8日も遅かったようです。早い時期は、7月3日頃に梅雨明けした年もありますが(2013年)、だいたいが7月10日を過ぎることが多いです。平年並みと言われると、7月中旬頃になります。

2017年の東京・関東地方梅雨明けは、だいたい平年並みの予想とされていますので、7月中旬頃、およそ、7月21日前後に梅雨が明けるとみていいと思われます。

気象庁がそれぞれ様子を判断して、発表する訳ですが、予想についてはあくまでも予想です。気象庁でさえ予想しかできません。様々なデータを用いて最善の努力をして予想されますが、それでも予想が外れることも間々あります。また、年によっては、いつ、梅雨前線がその地域に戻ってこなくなったのか、判断がつかず、梅雨明け宣言がされなかった年もあります。

ここで挙げた予想もあくまでも予想のため、外れることもあることをご了承ください。

春から夏に移る合間の梅雨のシーズン。ジメジメ、ムシムシのシーズンです。梅雨入り予想を元に、少しでも快適に過ごせる工夫を始めて、梅雨明けを待ちましょう。いつかは必ず梅雨が明けて、夏が間違いなくやってきます。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

 - 季節もの, 自然 , , , , , , ,