コブフェフェはロシアへの暗号か?フリーメンソン宛とか【トランプ語録】

      2017/06/03


トランプ大統領が今、世界をにぎわせております。

パリ協定からの離脱でダウがあがりーの、それに呼応して日経もあがりーの、そのおかげで1年10か月ぶりに2万に行きましたね。

これもすべてトランプ大統領のおかげです!まさにコブフェフェ(covfefe)ですね!(使い方あってます?(笑))

まぁ、冗談はおいておいてトランプ大統領が謎の単語covfefeをツイッターに打ち込みその後すぐ消したのが話題になっております。

そのコブフェフェ意味は何なのでしょうか?ロシアへの暗号か?それともフリーメンソンの暗号とか?

 

Sponsored Link

コブフェフェのはロシアへの暗号?

コブフェフェ・・・なにこれ?

もうすでに消えているんですが、トランプ大統領がTwitterに「Despite the constant negative press covfefe(最近の否定的なメディアcovfefeにもかかわらず)」と打ち込みました。

ここでいうcovfefeって何の意味なんでしょうか?

英語にはもちろんこんな単語ありません。

その後トランプ大統領は自身のツイッターに

と打ち込んでおります。この意味は「コブフェフェの本当の意味が分かるかな!楽しんで!」ってことです。

トランプ大統領としては面白くなってきたな!ってことでお茶を濁そうとしているのかもしれません。

ところがそれでおさまらないのが今のアメリカの方々。

最近、トランプ大統領の秘書の方が選挙の際にロシアとの関係があったということで疑われております。

そう、これはロシアへ向けた暗号なんじゃないのか?というわけです。※ヒラリーさんはロシアへの暗号じゃないかっていっていますよね(笑)

暗号なので意味は分かりません!そうその意味はトランプ大統領と相手しかわからない。ということですね。

どうですか?おもしろそうじゃありませんか?

 

コブフェフェ,ロシア,暗号,フリーメンソン,トランプ,語録
 

コブフェフェはフリーメンソンの暗号か?

コブフェフェですが、フリーメンソン暗号かもしれません。これも噂が好きなアメリカ人が考えそうなことですね。

信じるか信じないかはあなた次第です!って。

めちゃくちゃ噂ですが(笑)

一説には、新興ユダヤ系財閥がトランプ氏を取り込み、旧勢力である「イルミナティ」と対立しているとも噂されている。

という話があります。このイルミナティというのがユダヤ系秘密結社「フリーメイソン」の上部組織だそうです。

ただ、トランプ氏がフリーメンソン?(笑)フリーメンソンも人を選ぶと思いますよ!って。

だって、トランプ氏をフリーメンソンなんかに入れたら全部話しちゃうじゃないですか(笑)

絶対この方、黙ってませんよね!

トランプ大統領がフリーメンソンに入会したら、「俺、フリーメンソンに入ったんだぜ」って言うと思います。

あ!

それでがこのコブフェフェ(covfefe)?(笑)

一応トランプ大統領も気を使ったのかな?

Sponsored Link

コブフェフェはトランプ語録からの抜粋!

コブフェフェですが、ネタバレというか一番可能性が高いのは打ち間違い。タイプミスというのです。

そう、「Despite the constant negative press covfefe(最近の否定的なメディアcovfefeにもかかわらず)

という文でしたね。

まぁ、暗号なら前後はあんまり関係ないんですが、今回もお得意のマスコミ批判をしようとしていたそうです。

そこからさっするにコブフェフェ(covfefe)は「coverage」のタイプミスではないか?ということです。

coverageという意味は報道という意味で、press coverageでマスコミ報道となります。

ただ、タイプミスって文字数が同じならまだわかるんですが、短くなってんじゃん(笑)

意図しないとこんなにならないような気がするんですがどうでしょうか?

まぁ、これ以外にも話題を作って、問題から目をそらさせようとしているとか、covfefeが悪魔の名前で本気で何かの暗号だ!という説までたくさんあります。

まぁ、謎が明かされることはないと思うんですが、こういうことで楽しめるのがまだ世界が平和だってことですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 話題 , , , , ,