2017年隅田川花火大会おすすめ穴場スポット&最寄り駅紹介

   


夏といえば、何を連想しますか? 海、プール、かき氷、甲子園…。

もっといろいろなことが思い出されると思います。その中でも、花火と答える人もたくさんいらっしゃることでしょう。

花火といっても、みんなで楽しむいわゆるおもちゃ(玩具)花火が好き、という人もいれば、豪快な打ち上げ花火が好き、という人もいらっしゃるでしょう。打ち上げ花火が好きとおっしゃる人は、花火大会と聞けばワクワクしてくるのではないでしょうか。各地で、たくさんの花火大会が催される夏。今回はその花火大会の中でも、有名で大規模な隅田川花火大会についてご紹介します。

おすすめの穴場スポットや徒歩で行く場合の最寄り駅などを紹介したいと思います。

Sponsored Link

2017年の隅田川花火大会開催予定について(日にち・時間など)

 

隅田川花火大会は、7月の最終土曜日に行われることになっています。2017年の7月の最終土曜日は29日です。もし雨など、天候が悪い場合は、翌日に延期されます。両日ともに開催が難しい場合は中止です。

花火は、19時5分から20時30分の間に、 第一会場の桜橋下流~言問橋上流で、約10,350発。

第二会場の駒形橋下流~厩橋上流で、約11,650発。合計で、およそ22,000発の花火が打ち上げられることになっています。

花火大会の歴史をたどっていくと、江戸時代にたどり着きます。そんな歴史を受け継ぎながら、「隅田川花火大会」として開催されるようになって、今年は、40回目となります。

 

2017,隅田川,花火大会,おすすめ,穴場,スポット,最寄り駅
 

2017年隅田川花火大会がよく見えるおすすめの穴場スポットは!

 

まず、紹介したい2017年隅田川花火大会がよく見えるおすすめの穴場スポットが、銅像堀公園です。

公園の中に入ることはできないので、詳しくいうと、「公園近く」になります。少し、打ち上げポイントからは、離れていますが、周辺に邪魔をする高い建物もなく、首都高速6号向島線の高架下辺りに場所をとると、人もまばらで、ゆっくりと花火を眺めることができます。花火の迫力より、綺麗さを求め、雑踏を避けたい人にはピッタリな場所だと思います。

次の2017年隅田川花火大会がよく見えるおすすめの穴場スポットは、タワーホール船堀の展望塔です。

タワーホール船堀の展望台は、高さ115mのところに位置し、9時から21時30分まで展望エレベーターが運行されています。花火大会が行われている間は心配なく、利用できます。また、入場料が無料なところもいいですね。

少し、見える花火は小さめですが、第一会場、第二会場のどちらの花火もしっかり見ることができます。

続いて2017年隅田川花火大会がよく見えるおすすめの穴場スポットは、ブルークレール精養軒をご紹介します。

東京大学医学部附属病院の15階にある、レストランです。15階ということで眺望もよく、綺麗に花火が見られます。

もちろん、レストランですので、花火を見るだけでの入店は難しく、食事を頂きながら、花火を楽しみたい人の穴場スポットです。2000円も予算を見ておけば、十分に満足いく食事ができる、リーズナブルさです。もちろん、カフェとしての利用も可能です。

もしお金があってヘリコプターを手配できるなら

 

とかどうでしょうか?(笑)
最後は、まさに地元の人ならではの穴場スポット、スーパーの屋上です。

かなりザックリしていますが、屋上があるスーパーが、花火大会に合わせて、屋上を開放してくれている場合がよくあります。たとえば、コモディイイダ東向島店は、屋上駐車場を先着順で満車になるまで解放してくれるそうです。

スーパーによっては、会員カードを作れば、屋上に上がれるなど、条件が付くところもあるようですが、基本的に無料で、混雑も避けられると思います。

Sponsored Link

2017年隅田川花火大会最寄り駅紹介

 

次は隅田川花火大会最寄り駅の紹介になります。

第1会場の最寄り駅は、都営浅草線東京メトロ銀座線の浅草駅です。ほかにも、東部スカイツリーラインの東京スカイツリー駅や曳舟駅などがあります。

第2会場の最寄り駅もいくつかありますが、一番会場に近いのは、都営浅草線の蔵前駅です。また、都営浅草線の浅草駅や、総武本線の両国駅なども、会場から近いです。

およそ95万人もの人出があると予想されている隅田川花火大会。少しでもゆったりと、綺麗な花火を眺める参考にして頂ければ嬉しいです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 季節もの , , , , , ,