1歳児の夜泣きにあげるミルクの量は?それとも我慢し卒乳へ!?

      2017/03/30


我が子が小さなお手てで哺乳瓶に手を添えて、一生懸命にミルクを飲む姿は本当に可愛くて愛おしいですよね。

赤ちゃんにも個性があって、月齢が進み授乳感覚が開くと、寝る前にミルク(お乳)を飲んだら、そこから朝まですやすやと眠ってくれる赤ちゃんもいれば、いつまでたっても3時間ごとにミルク(お乳)を欲しがる赤ちゃんもいますね。

1歳に近づくにつれ、夜中のミルク(お乳)を辞めたいな、辞めてもいいのかな?と考えるママは多いです。

でも泣き叫んでミルク(お乳)を欲しがっているのに、卒乳していいのかな?と不安に思ってしまいますよね。

そこで今回1歳児の夜中のミルク(量)卒乳時期について調べてみました!

 

Sponsored Link

1歳児の夜泣き時に上げるミルクの量や種類は?

 

まず、赤ちゃんも9か月を過ぎてくると普通の粉ミルクから「フォローアップミルク」に切り替えるママもいると思います。

ただ、この記事ではフォローアップミルクも合わせて「ミルク」とさせていただきますね。

1歳児夜泣きのための夜中のミルク、本当に悩みますよね。私も息子を母乳ではなくて「完全ミルク」で育てており同じ悩みに悩まされました。

そう1歳をすぎてもぴったり3時間ごとにおきてミルク(お乳)を欲しがって、大泣きされて悩みました。

今はいろいろ知っているのでわかるんですが、1歳児にももちろん個性があって、3か月頃から朝までぐっすり眠る赤ちゃんもいれば、1歳になっても夜中、眠りが浅くなるたびに何度も起き、ミルクを欲しがって泣き叫ぶ子もいます。

うちの息子は後者で、ミルク以外でも、眠りが浅くて1時間で起きてしまったり、少しの物音で起きてしまうこともよくありました。

さっきミルクを飲んだばかりなのに本人は口さみしくて泣いていて、私も本当に悩みました。

本来1歳になった赤ちゃんは、一日3回の食事が定着し、大人の食事の取り分けも徐々に食べられるようになっていく時期(卒乳)。

飲み物はミルクの他にも、お茶や幼児用ジュースなどを飲んでいますね。

カルシウムたっぷりのベビー菓子をおやつに食べたりもしている子もいると思います。

しかし食の細い赤ちゃんや、この時期特有の「遊び食べ」「食べムラ」などで栄養が偏ったりして、案外すぐにお腹がすいてしまうこともあります。

そんな時にミルクを飲みお腹を満たす赤ちゃんもたくさんいます。

ただ、それは日中の話。

1歳児になると少しずつ一度に食べられる量・飲める量が増えていきますし、寝る前にお腹が満たされると夜にミルクを飲まなくても朝までもつようになります。

ですから、夜泣きをしたとしても、それは乳児期の「空腹で泣く」のとはまた違い、ミルクで得られる幸福感や安心感を求めているのです

ただ、皆さん200ミリリットルぐらいを上げているようですが、本当はもうこの時期になるといらないんですよね。。。そう、幸福感を求めているので、、、

 

1歳児,夜泣き,ミルク,量,卒乳,我慢
 

1歳児の夜泣きにはミルク?それとも卒乳タイミング?

 

夜、寝る前にミルクをあげるのは、歯が生えはじめているこの時期には虫歯のリスクも高まることから、一般的には夜間だけでも卒乳するようにと言われています。

私もそれを聞いて、心を鬼にして卒乳しました。最初の何日かは本当に大変で、毎晩2時間泣き続けましたが、決してミルクは与えず抱っこしたり歌を歌ったり、ドライブに行ったりもしました。すると一週間ほどたったころから突然ミルクを欲しがらなくなり、朝までぐっすりと寝てくれるようになりました。その日から私の睡眠不足も一気に解消され、心身共にラクになりましたね~

ママとしても卒乳は辛い決断だとは思いますが、夜、寝る前にミルクをあげることが様々なデメリットに繋がってしまうそうです。

次にまとめましたので、ご覧ください。

『夜寝る前にミルクをあげるデメリット』

・質の良い睡眠を妨げてしまう

朝までぐっすり眠った睡眠と、細切れに何度も起きてしまう睡眠は、やはり質が違います。

1歳児ですと本人も、きちんと眠りたいのにミルクを飲まないと眠れない状態になってしまっているのが原因で、眠りが浅くなるたびに起きてミルクを欲するんですよね。

・虫歯のリスクが高まる

1歳児だとだんだんと乳歯が生えてきているころだと思います。

ですが夜、寝る前にミルクを飲んでいると、そのことで虫歯になる確率がグッとあがってしまうんですよね。

理由としてはミルクを飲みながら眠ってしまう赤ちゃんがおおいというかほとんどそうだと思います。

そのため、ミルクを完全に飲み切る前に寝てしまい(大人でいうと食事中に寝るようなものですね)、口の中に虫歯菌の餌となる少量のミルクが残っている状態が虫歯ができてしまう口腔環境を作り上げます。

・翌朝の食欲に影響

夜中にもミルクを飲んでも朝食をもりもり食べる赤ちゃんもいますが、寝る前に飲んだミルクのせいで満腹感で朝、それほどお腹が減らず小食になってしまう1歳児が多いようです。

・ママの疲労も溜まる

夜寝る前の赤ちゃんにミルク(お乳)をあげるということは、作って、飲ませて、片づける三拍子がセットですよね。

特に、片づけはとても大変。綺麗に洗って消毒したり、煮沸したり。ママもとても眠たくてふらふらなのに辛いですよね。

Sponsored Link

1歳児の卒乳はママと赤ちゃんが一緒に乗り超える

 

赤ちゃんが幸福感からミルクを欲しくて泣いてしまうように、ママだって本当は1歳児ミルクを飲ませてあげたいと思っているはずです。

今まで1年以上、毎日欠かさず飲んでいたミルクを取り上げることは、とても心が痛むことでしょう。

ですが前述した通り夜中のミルクは様々なトラブルにつながる恐れがあるので、できる事なら卒乳することをおすすめしたいです。

しかし、だからと言って、今日明日、突然卒乳する必要はないんです!

1歳の赤ちゃんならば、会話にはならなくても少しずつママやパパの言いたいことを理解している時期。一緒にカレンダーを見ながら「あと○日で夜のミルクばいばいだよ」と言い聞かせることがとても効果的だそうです。赤ちゃんも、分からないなりにも心の準備をするのでしょうか。

実際に卒乳の日になったら、きっと顔を真っ赤にして仰け反り、大きな涙をポロポロと流して時間泣いてしまうと思いますが、わが子の為と思って耐えることが必要です。やっぱりかわいそうといって、ミルクをあげてしまうと、今まで言い聞かせたことへの矛盾が生じて、赤ちゃん自身も混乱してしまいますし、よりミルクへの執着も強まってしまいます卒乳すると決めたら、最後までその姿勢を貫いてください。

1歳児を過ぎても夜泣きをしてミルクを求められると、飲ませても大丈夫かな?という不安と、自分の睡眠不足や疲労で本当に辛いですよね。

ですが、朝までぐっすりと眠れるようになったら食欲も出て、日中もっと活発になりお昼寝の質もあがると言われています。ママも、規則正しい生活リズムを取り戻す事ができ、今より余裕をもって育児に励むことができるでしょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

 - 赤ちゃん , , , , ,