直虎13話感想と14話あらすじ 貫地谷しほりがうざい場面は?

      2017/04/03


直虎12話でいよいよ柴咲コウさんが直虎になりましたね。

で、高橋一生さんの謀反の前にまずが柴咲コウさんが直虎として受け入れられるかどうか?という話でしょうか?

そういえば貫地谷しほりさんですがサイコパスの演技でうざい女の役が板についていますね~(苦笑)

というかサイコパスすぎて劣化したように見えてしまいます。。。。(泣)

 

Sponsored Link

直虎13話感想 ムロツヨシの正体が明らかに!

直虎13話では懐かしい顔ぶれが出てきますね。

最初の頃にぼろい布切れをまとって直虎(おとは)を助けたムロツヨシさんですが、その後、商売がうまく行ったようで金貸しとして財をなしたようです。

そうムロツヨシさんの正体は瀬戸方久という歴史上の人物です。

ちょっとネタバレになりますが、この瀬戸方久ことムロツヨシさんですが、正義は自分のお金なので、その利益のためにはつく人をいろいろ変えていきます。

なので今後、柴咲コウさんについたり裏切ったりと話を面白くしていく人だと思います。

で、今回は柴咲コウさんが高橋一生さんに牙をむきます。

三浦春馬さんの事件を高橋一生さんのせいにしているかのようなものの言い草。

もしかしたら高橋一生さんは裏でなにか脅されているのかもしれないのにね。。。。

まぁ、史実では高橋一生さんが井伊家を裏切って、徳川に討たれるんですけどね。

ど、今回はそんな戦的な話は一切でてこずムロツヨシさんの借金の話でした。

井伊家もムロツヨシさんに借金があった、井伊家の百姓もムロツヨシさんに借金がある。

百姓の心を得るためには借金帳消しの徳政令を発布させたいが井伊家のためにはムロツヨシさんにくみするしかない。。

というお話ですね。

うーん、いつの世もお金は大切ですね!!(苦笑)

 

直虎,13話,感想,14話,あらすじ,貫地谷しほり,うざい,演技,場面
 

直虎 貫地谷しほりのうざい女の演技が凄い!その場面は?

貫地谷しほりさんですが、三浦春馬さんの妻として、そして直政(虎松)の母親の役ですが、結構サイコパスでうざい女を演じておりますね~

子供が出来るまでは子供が出来ないことをプレッシャーに感じてか、井伊家の当主の娘の柴咲コウさんにくってかかったり、今度は夫の三浦春馬さんが柴咲コウさんと良い仲になるのでは?と嫉妬してみたり。

というか戦国時代であれば側室は普通だったと思いますがどうなんでしょうかね?それでいちいちやきもちを焼いていたら三浦春馬さんもたまったものじゃないですね。

で、最後は井伊家の当主となって柴咲コウさんに難癖つけてみたりとか、もうね~

罰せられてもいいような感じなんですが、うざい女場面は多すぎて語りつくせません(苦笑)

Sponsored Link

直虎14話あらすじ 貫地谷しほりは劣化した!?

直虎14話あらすじですが、貫地谷しほりのサイコパスが今後どうなるんでしょうかね?

というか直虎=柴咲コウさんがいないと直政が誕生しないので感謝してもいいぐらいですがうらんじゃってますからね~

というかそういった叫ぶ演技が多いというかうざい女の演技が多いせいか、貫地谷しほりさんが劣化したように見せますね。

というか貫地谷しほりさんは昔の衣装というかおでこを出しているのがあんまり似合っていないのかもしれませんね。

前髪があって今風のメイクをされているとお綺麗なんですが直虎のときの貫地谷しほりさんは結構年が上の方に見えてしまします。

うーん劣化??

で、次回は柴咲コウVS高橋一生の巻

まぁ、VSといっても武力というわけではまだありません。

井伊家の百姓の願いを聞いて今川家の借金ちょうけしの徳政令の発布を目論む高橋一生さんと、井伊家のためにもそれを阻止したい柴咲コウさんの間で知力の戦いです。

まぁ、ネタバレとしてはムロツヨシさんは最後柴咲コウさんを裏切るんですけどね(笑)

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

 - テレビ番組 , , , , , , , , ,