あさりの塩抜き 簡単時短方法!開かない&失敗の注意点は?

      2017/03/20


さて潮干狩りに行って持って帰ったあさりを食べるときに皆さんは塩抜きをしますよね?

その塩抜きですが海水と同じ濃度の塩水にして1晩近くかかったこともあると思います。

今回はそんなあさり塩抜き簡単時短方法を紹介したいと思います!

また、開かないなどのよく失敗する注意点を書かせていただきます。ちなみにあさりって冷凍すればさらにおいしくなるって知っていましたか?

Sponsored Link

あさりの塩抜き 簡単時短方法の紹介!ポイントはぬるめのお湯!

 

あさり塩抜きですが簡単時短方法なんですがどんなにすごいことがあるのかな?と思っておりますが、要するものは温度計とお湯です。

これだけです!

注意!お湯というのが100度なのでぬるめと言っていますが、じっさいは50度ぐらいのお湯なので人肌よりは熱いですよ~

1、あさりを少し熱めのお湯(45℃~50℃)に5分~10分位浸ける。時間があれば20分位浸けた方が良い。

2、よくもみ洗い、そしてお湯を捨てる。もみ洗いを3、4回繰り返す。(もみ洗いは水道の蛇口からぬるま湯を流しながら洗うと楽)

3、砂抜き完了!(あさりが3mm位開いてる。苦しくなって砂を吐き出した証
!(^^)!)

という感じです。で、お湯を使うと塩抜き時短でできるというだけでなく、身がふっくらとした食感になっておいしくなるそうです。

 


 

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

あさり,塩抜き,簡単,時短,方法,開かない,失敗,注意点
 

あさりの塩抜き 時短方法で開かないなどの失敗する注意点は?

あさり塩抜きお湯を使えば時短塩抜きが出来ると言いましたがここで開かないなど失敗してしまう注意点を紹介したいと思います。

それは、、、、

お湯の温度です!温度が高すぎると時短というよりも煮ている状態になってしまってあさりが茹で上がってしまいます(笑)

なのであさりの時短方法の注意点は温度ということになります。

50度なんだ~って沸騰したお湯と水を1:1で混ぜればいいんだよね?って思うかもしれませんが、水ってゼロ度じゃないですよね?

なので、です。温度計があればいいんですがないようであれば

お湯にあさりを付けた際に、あさりが顔を出せば大丈夫ですが、出さないようだと水をすぐ足してくださいね!

Sponsored Link

あさり冷凍すればさらに美味しいなるけどその方法は?

塩抜きしたあさり冷凍する方法は簡単です。

1、ジッパー付袋に入れて、冷凍します。
1ヶ月は大丈夫。半年いけるって方もいます。

2、味噌汁なら凍ったまま沸騰したお湯に。貝が開いたら味噌を入れて貝汁に。バター炒めもワイン蒸しも凍ったままお鍋に。

3、出来るだけ一気に冷やさないと冷凍庫であさりが顔を出し、そのまま冷凍に!ちょっとドキっとしますが食べられました。

これだけならほかの食材も日持ちさせたいときに冷凍させますがあさり冷凍したほうがいいのは、冷凍することによってうまみ成分が増えるそうです。

そのことによっておいしく食べられるということですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 自然, 食べ物 , , , , , , ,