桜・花見の名所2017 京都府内の穴場や夜桜情報!見ごろはいつ?

      2017/03/08


春の足音が聞こえませんか?(笑)

確実に近づいてきています。「春といえば?」の質問に、何とお答えになりますか?

十人十色で色々な「春」があると思いますが、「お花見!」と答えられる方も多いと思います。

お花見を楽しみに春の来訪を待たれている方々に、2017年京都府内で京都府内でお花見どころを、『名所』『夜桜』『穴場』に分けて、それぞれ3か所ずつご紹介します。見ごろは3月末から4月上旬かな?

 

Sponsored Link

2017年京都府の桜の名所でお花見

 

まず京都桜&花見名所として外せないのは、東山区の円山公園ですね!

桜,花見,名所,2017,京都,穴場,夜桜,情報
 

京都市内では一番の歴史を誇る公園で、誰しもが知っていると言っていいくらいの名所です。

シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤエシダレザクラ、ヤマザクラなど、約680本が植えられていて、開花の時期には、公園一帯がピンクの花に覆われる感じです。

公園の中心部には、巨木のシダレザクラがあります。多くの人が、このシダレザクラをバックに記念撮影をしています。したこともある人がいるのでは?

2番目におすすめする京都の桜&花見の名所は、哲学の道です。

桜,花見,名所,2017,京都,穴場,夜桜,情報
 

若王子神社から銀閣寺参道までの約2kmに渡る、疎水沿いの歩道。

そこに、ソメイヨシノが約500本、植えられています。満開の時は、まるで、桜の木や花がドームを作ってお出迎えをしてくれているような感じで、そのたちを眺めながら散策する人でにぎわいます。

3番目におすすめする京都の桜&花見の名所は、右京区の仁和寺です。

境内には、ソメイヨシノ、シダレザクラなどが順に咲き競いますが、その中に「御室桜」として有名な桜林があります。

これは遅咲きので、他の桜や花見の名所で桜の見ごろが見終わってからでも、満開の桜が見られます。

また、多くの木々が、高くても2mまでなので、きれいに咲き誇った桜の花が自分と同じ高さで見られるのもなかなかない体験で嬉しいものです。

 

桜,花見,名所,2017,京都,穴場,夜桜,情報
 

2017年京都府内の夜桜情報

 

さてこちらでは2017年京都府内の夜桜について紹介していきたいと思います。

最初におすすめする京都府内の夜桜情報が、中京区にある元離宮二条城です!

桜,花見,名所,2017,京都,穴場,夜桜,情報
 

城内には、ソメイヨシノ、シダレザクラ、サトザクラ、ヤマザクラなど約400本の桜が植えられていて、その中の200本が夜桜見物のために、ライトアップされます。

ライトアップの時間は18時~21時30分で、その間にお花見をしたい場合は、大人400円、小・中・高校生200円の入城料を支払い、場内に入ります。

耳寄りな情報としては和装で向かえば、この入城料は無料になるという特典があります。

きれいにライトアップされた夜桜を和装で眺めるのは風情があっていいですし、気になる女の子・男の子と出かけるのはどうですか?

次におすすめする京都府内の夜桜情報が、相楽郡笠置町の府立笠置山自然公園です。

標高289mの笠置山を中心に広がる公園で、ソメイヨシノ、ヤマザクラが咲き誇ります。この笠置山から北を流れる木津川堤防一帯が、絶好のお花見のスポットになっています。

公園内は、4月に入ると18~21時の間、ライトアップされますので夜桜が楽しめます。

最後におすすめする京都府内の夜桜情報は、左京区にある京都府立植物園です。

桜,花見,名所,2017,京都,穴場,夜桜,情報
入園料が200円かかりますが、ライトアップ中は、開園の9時から閉園の21時まで、ずっと園内で過ごせます。

園内に植えられている桜は、約130種類の450本です。

その中で、ソメイヨシノとヤエベニシダレザクラを中心に植えられているところは、下からのライトアップで、闇の中にライトで照らし出された桜たちが、神秘的に浮き上がったように見えます。

Sponsored Link

2017年京都府内の桜&花見の穴場情報!

 

1つ目の京都の桜&花見の穴場は、京都市北区にある上品蓮台寺です!
「じょうぼんれんだいじ」と読みます。

桜,花見,名所,2017,京都,穴場,夜桜,情報
京都駅から少し歩いたところにあり、ひっそりたたずむようにあるお寺となっておりますので、観光客であふれるお寺とは違います。

落ち着いた空気が流れる境内でソメイヨシノやシダレザクラが咲き誇る様子は、見ていると本当に心が和むと思います。

満開のたくさんの桜を見たい人には少し向いていませんが、ゆっくりと心穏やかに咲く桜を眺めたい、愛でたいという方には、ピッタリの場所です。

2つ目に紹介したい京都の桜&花見の穴場は、綴喜郡井手町の地蔵禅院です。

こちらも、市内からは離れていますので、人出は市内の桜&花見名所に比べると少なく(といっても多いですが)、ゆっくりとお花見ができます。

井出の街並みが一望できるくらいの高台に立っているお寺で、そこには、先に上げた円山公園のシダレザクラから、株分けをされたシダレザクラが植えられています。

また、開花時期が少し遅いヤエザクラも植えられていて、さらに人出の少ない時期にちょうどよく綺麗なピンク(薄紫)の花が見られます。

さらに、流れている玉川の堤防も多くの桜の木が植えられていて、こちらでもお花見が楽しめます。

最後にご紹介する京都の桜&花見の穴場が、京都市山科区の将軍塚全日堂です。

桜,花見,名所,2017,京都,穴場,夜桜,情報
全日堂は青龍殿とも言われます。

境内には、ソメイヨシノが植えられています。

やはりこちらもアクセスが少し面倒で、高台にありますので京都市内の一般的な桜に比べると、気温が低いのか、見ごろの時期が少し後になります。

また、北展望台と西展望台があり、北展望台からは、全日堂全体の桜の様子が、西展望台からは市内一帯が見渡せて、市内の桜&花見の名所がほんのり淡いピンク色に見えたりして絶景です。

どうですか?京都に行ってみたくなりませんか?そうだ、京都に行こう!!(笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
桜・花見の名所2017 神奈川県内の穴場や夜桜情報は?
桜・花見の名所2017 京都府内の穴場や夜桜情報は?
桜・花見の名所2017 東海地方の穴場や夜桜情報は?
桜・花見の名所2017 大阪府内の穴場や夜桜情報は?
桜・花見の名所2017 東京都の穴場や夜桜情報は?

Sponsored Link

 - 季節もの, 自然 , , , , , , , ,